インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。
保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、時間に見合った医療費がかかります。
もしこの治療が保険適用だったら、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。
保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。
インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。
地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても料金はずいぶん違ってきます。治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
忘れないで欲しいのはインプラント治療経験者の口コミです。
高い費用も、一括払いには限りません。分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費が高額になることは問題点です。インプラントの特長として、自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはインプラントにして良かった点の一つです。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強度を備えています。たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かなければならなくなりました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがこのような場合、インプラントにもできますと説明され治療を受ける決心がつきました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
インプラントで噛むようになり、しばらくして噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。