カテゴリー: 入れ歯での生活に満足か

インプラントとクラウンがどう違うかというと、

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。 虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が健全であれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせることが可能です。根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば... Read More

虫歯の危険性は全くありません

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、歯周病には気をつけてください。 インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。 しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血... Read More

治療が終わるとその状態を保たなければならず

どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。 毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛

インプラントとブリッジが考えられます

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。 それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるの... Read More

仮歯が入れば義歯だと気づかれることは少ない

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることは本当に少ないという点です。歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることもいちいち考えなくて良くなります。義歯だと思われたくない方... Read More

最も重要なのはどんな歯科医にかかるか

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医がどのような技量を持っているかで相当な差があると考えるべきでしょう。 インプラントの場合、歯科医による治療成績の差... Read More

どんな問題がインプラント治療にあ

どんな問題がインプラント治療にあるかを聞いたことがあると思います。 その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。 それは本当のことではありません。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。金属があれば、そこは乱れ... Read More

インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。 保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。 手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力... Read More

Top